2016年11月02日

先に払わないと何も得られない(^^)/

catalogu_teigaku_kenbaiki.jpg

「お金の先払いシステム」とは一体なんなのでしょう?


_______


「だから今、なんつった? って聞いたんだよ」


「いや、 だから、 心理学の講座、行きたいのはあったんですが、費用があまりにも高いので、 もう少し、借金を返してから、検討しようかなって・・・」


「おまえは、お金のしくみもわかってないんだな!金は、先払いシステムなんだよ!」


「さ、先払いシステム?」


「金がほしかったら、だ」


「ほしかったら?」


「今すぐ金を払え!」


「は??? ないのにどうやって払うんですか!」


「ちっがーう、金を払わないから、金が入ってこないんだ!」


「えええ? 言ってることがめちゃくちゃじゃないですか」


「めちゃくちゃなのは、おまえのその頭ん中だろうが!宇宙は先払いのシステムなんだよ!金がほしかったら、金を払え!


「だから、お金がないんですって!」


「ああぁぁ、もう、この、大バカもの!宇宙ってのは、無限のエネルギー体だ。


そして、お金とは、人の『感謝』や『愛』がそのまま形になって現れた、エネルギー体だ。


エネルギーは、停滞することを好まない。


電気は停滞すれば消える。水も停滞すれば腐っちまう。


それと同じで、すべてのエネルギーは流れていることではじめて、そのエネルギーを活用できる。


もし今、お金を必要としているのなら、まずはお金を払って、お金を循環させなくちゃならん」


_______


借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

小池 浩 著

サンマーク出版より

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ -
借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ -
_______


デール・カーネギー(アメリカの実業家、作家、自己啓発の権威)は言いました。


「2年間他人に好かれようと努力するよりも、


2ヶ月間他人を好きになった方が、


ずっと多くの友人が得られるだろう」


この言葉の意味、ちょっと考えてみてください・・・。


いろんな事にも通じると思いませんか?


“人に好かれたかったら、人を好きになる”


“人に信用されたかったら、人を信用する”


“与えてもらいたかったら、先に与える”


“笑顔も挨拶も自分から”


逆に、怒っている人は、怒りたくなる出来事がより起きたり、


奪うことばかりしている人は、奪われるようになっているのです。


これが不変的な宇宙の法則なのでしょう。


与える人は、与えられる。


その与えるものに磨きをかける必要はあります。


価値のないものを与えても喜びは少なく、当然与えられるのも少なくなります。


そのためにも、学び、勉強し、社員教育などに力を入れている企業が伸びているのは当然のことですね♪


得るものを変えるためには、まず与えるものを変えなくてはいけないという、シンプルすぎる法則だったのです(^^♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

学びに投資する事がいかに大切か・・・

outputinput.png

ハーバード大学のフライヤー教授の実験です。


フライヤー教授が実施した実験は、大きく分けると2種類ありました。


ひとつは、ニューヨークやシカゴで行われたもので、教育生産関数でいうところの「アウトプット」、すなわち学力テストや通知表の成績などをよくすることにご褒美を与えるというものです。


「テストでよい点を取ればご褒美をあげます」は、こちらに該当します。


もう一つは、ダラス、ワシントンDC、ヒューストンで行われたもので、教育生産関数における「インプット」、すなわち本を読む、宿題を終える、学校にちゃんと出席する、制服を着るなどのことにご褒美を与えるというものです。


「本を一冊読んだらご褒美をあげます」は、こちらに該当します。


この2種類の実験のうち、子どもたちの学力を上げる効果があったのはどちらでしょうか。


インプットにご褒美を与えると、子どもたちは本を読んだり、宿題をしたりするようになるのでしょうが、必ずしも成績がよくなるとは限りません。


一方、アウトプットにご褒美を与えることは、より直接的に成績をよくすることを目標にしているのですから、直接的には、アウトプットにご褒美を与えるほうがうまくいきそうに思えます。


しかし、結果は逆でした。


学力テストの結果がよくなったのは、インプットにご褒美を与えられた子どもたちだったのです。


とくに、数あるインプットの中でも、本を読むことにご褒美を与えられた子どもたちの学力の上昇は顕著でした。


一方で、アウトプットにご褒美を与えられた子どもたちの学力は、意外にも、まったく改善しませんでした。


どちらの場合も、子どもたちは同じように喜び、ご褒美を獲得しようとやる気を見せたにもかかわらず。


_______


「学力の経済学」

中室 牧子 著

ディスカヴァーより

「学力」の経済学 -
「学力」の経済学 -
_______


なぜ、結果にご褒美をあげるほうが、学力向上に向いていなかったのか?


ポイントは、「何をすればいいのか?」が分からないことにあるようです。


「結果を出しなさい」「テストでいい点とったらあげる」「通知表次第でご褒美を」


これでは、何をしたらよいのかが分かりません。


しかし、「宿題をしたら」「本を読んだら」「今から1時間、今日の復習で教科書を読みなおしたら」と“具体的に”示すことが大切だったのです。


これは、子どもだけではなく大人も一緒かもしれません。


「何をしたら商売が繁盛するのか?」「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか?」


こういった疑問の答えが分からないまま、「結果を出さなきゃ」「喜んでもらわなきゃ」と一生懸命やっています。


だからこそ、「商売繁盛の仕方」「お客様を喜ばせる秘訣」を繁盛店に学ぶ必要があるのです。


分からないまま結果を求めるのは、さきほどの子どもたちと一緒で、結果が出ない人の特徴です。


せっかく一生懸命にやっているんだから、その一生懸命さを結果につなげるためにも、「結果」に投資するのではなく、「過程(学び)」に投資していきたいですね♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

「運」を良くする方法・・・( ..)φメモメモ

normal.jpg

「運が良くなる方法はないですか?」


幸せになりたいんです」???


待って下さい。


その前にどんなことが起これば自分は「快」なのか、どんな状態でいることが自分の幸せなのかが具体的になってますか?


それだと、レストランに入って何も注文しないで「お腹空いたー」「美味しいもんを食べたいー」って言っているのと同じです。


「何で料理が出てこないの!」って怒っても「ご注文はされてますか?何をお召し上がりになりますか?」って聞き返されてしまいます。


自分自身が何を食べたいのかわからないで、お腹が空いたって言っているのではお店の人もこまるし、つまりは運だって困ります((〃艸〃)ムフッ


もしかしたら、運はあなたのまわりで手を差し伸べようとしているかもしれない。


なのに「運が良ければやる。悪ければやらない」っていう発想でいたら、どんな機会があっても逃しちゃいます。


こうなりたい、こうだと幸せなんだっていう自分にとって幸せを認識できる状態、つまり「快」のイメージを具体的にし、まず行動を始める。


_______


運の強化書

山崎拓巳 著

SBクリエイティブより

運の強化書 -
運の強化書 -
_______


料理屋さんでオーダーするのに似ていますね♪


そして、たとえば中々思うように結果が出なかったとしても、それを口に出して言ってしまうと、そう言いたくなる現実が押し寄せてきます。


「何でお客さんが来ないんだろう」は、「お客さんが来ない」現実がさらに深刻になります。


そういう時は、今来てくださっているお客様に焦点を当て、「ありがたいな~」と口ぐせのように言うと良いのです。


「ありがたい」現実がさらに増します。


運がいい人は、言葉遣いも意識していたのです。


自分が言われて嫌な言葉は人にも言わない。


なぜなら、運というのは“人が運んでくる”もの。


運ばれるから“運”とはうまい言葉ですね(^.^)/~~~
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

続ける秘訣は、ちょっと誤魔化す??

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f11.jpg

下川原孝さんという方の言葉をご紹介いたします。

_______

下川原孝さんは98歳で陸上トレーニングを始め、100歳以上のマスターズ陸上に出場して、やり投げと円盤投げの世界記録をゲットしてしまったという すごいおじいちゃんです。


なるほどな、という努力の智恵です。


下川原孝さんは104歳まで競技生活を続けましたが、惜しくも東日本大震災の津波で命を落とされてしまいました。


【続ける秘訣は、ちょっとごまかすことよ。


ちゃんとやって嫌になったら、それ自体をやらなくなってしまう。


嫌になってやめるより、


少しごまかしてでも続けた方がイイ。】


_______


「がんばれ!」でがんばれない人のための“意外”な名言集

大山くまお 著

ワニブックスより

「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外"な名言集 -
「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外"な名言集 -

_______


嫌いになって嫌々続けることはストレスです。


その後、辞める可能性もあります。


そうならないために、方法は2つ。


嫌いにならないようにすることと、


好きになるようにすること。


いずれにしても、結果として続けることが力になり必要なのであれば、脳をごまかしてでも「嫌いにならない」「好きになる」ことが重要です。


自分が見ている方の現実が映し出されるものです。


嫌いだと思えば、嫌いな箇所や嫌いな事柄がよく見えるようになります。


好きだと思えば、好きな箇所や好きな事柄がよく見えるようになります。


「自分が変われば世界も変わる。


自分が変われば楽しくてしょうがなくなる。


同じ場所で風景が違って見える」


これは“養老孟司”さんの言葉です。


続ける秘訣はまず、自分の考え方やとらえ方を変えることですね♪


好きなことを毎日するのに、「努力」とは言いません。


好きな人と毎日会うのに「努力」とは言わないでしょ?


毎週、週刊少年ジャンプを読むのに「努力」とは言わないですよね?


まさか、テレビや映画を観るのに「努力して観てる」はないですよね(笑)


そう、人は楽しいと感じることや、好きと感じることは「努力」と感じることもなく毎日続けることができるのです(^^♪


続ける秘訣は「嫌いにならない」「好きになる」ですね(^^)b
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

ここで責任は止まる

3044706i.jpg

うまくいかない理由を


一般人は、社会のせいにする


小金持ちは、運のせいにする


大富豪は、自分のせいにする


大富豪は失敗に直面すると自分のせいにする傾向が強いです。


さらにその失敗を教訓として取り入れ、次のチャンスを待ち、確実につかむのです。


普通の人でも失敗を自分のせいにする人はたくさんいるでしょう。


しかし、その失敗をプラスに転じようとする人は少ないと思います。


「大学受験で失敗したから真っ当なキャリアは歩めない」「入試試験で上場企業に落ちたから一生、下請けで働く運命だ」「ずっと年収500万だから、1000万円など絶対に無理だ」


などと、自分の過去で自分を勝手に縛ってしまう人が多いのです。


他人のせいにするのはもっと悪質で、「あの社員のせいで」「あのクライアントのせいで」「あのマーケットのせいで」と常に責任を外に求めるビジネスマンを何人も知っています。


他人を変えようとしたところで根本的な変化は期待できません。


結局、同じ過ちを犯してしまうのです。


リンクアンドモチベーションの小笹会長の言葉で、私がいまでも大事にしている言葉があります。


「変えられるものと変えられないものがある」


変えられないものとは「他人と過去」。


変えられるものは「自分と未来」。


仕事で失敗したときや年収に不満があるときに人や社会のせいにしたり、自分の過去を悔んだりしても意味がないということです。


_______


「お金の哲学」

冨田和成 著

クロスメディア・パブリッシングより

お金の哲学 (サンマーク文庫) -
お金の哲学 (サンマーク文庫) -
_______



問題が起きたとき、人のせいにするのか、運のせいにするのか、自分のせいにするのかで、人生は大きく変わっていきます。


人のせいや、運のせいにしたときは、「自分は一切成長しません!と宣言しているようなものです。


うまくいかない時、この2つの分かれ道の分岐点「人のせいにするか?」「自分が変わるか?」の選択を迫られているのです。


アメリカの能力開発プログラムの開発者“ブライアン・トレーシー”はこう言います。


「人生における不幸のほとんどは、他人のせいにする気持ちがもたらすのです」


責任から逃げれば逃げるほど、一見楽をしているようで多くのものを失っていきます。


責任をおえばおうほど、一見大変なようでも、実は多くのものを得ているのです。


第33代米国大統領“ハリー・S・トルーマン” の座右の銘をご紹介して終わります。


「ここで責任はとまる。


責任の転嫁はしない」


カッコ良いですね♫
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

宇宙の法則「九つのレベル」

20140919b.png

宇宙の法則として、「投げかけたものが返ってくる(投げかけないものは返ってこない)」というものがあります。


これはつまり、物理学でいう「作用」「反作用」と同じことで、言葉を換えて言うなら、


「愛すれば愛される」「愛さなければ愛されない」


「感謝すれば感謝される」「感謝しなければ感謝されない」


「嫌えば嫌われる」「嫌わなければ嫌われない」


「憎めば憎まれる」「憎まなければ憎まれない」ということです。


そして、自分に返ってくるものについて「宇宙は倍返し」という方程式があります。


投げたものがまだ返ってこない間に、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を一切言わなければ、二倍のものが返ってきます。


宇宙は非常に律儀な倍返しなのです。


もし人生の中で、普通であれば不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言ってしまうような出来事が起こったら、「来た!」と思ってください。


ついに私も試験を受けるところまで人格の修練を積んできたのだと。


その試験に「合格」すると、自分にとって楽しい出来事が起き始めるようになっています。


_______


神様に好かれる話

小林正観 著

三笠書房より

神さまに好かれる話: 悩みを解消する法則 (単行本) -
神さまに好かれる話: 悩みを解消する法則 (単行本) -
_______



人間の心には、9つのレベルが存在するようです。


1、 一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「喜ぶ」ことができる


2、一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「幸せ」を感じる


3、一般的に多くの人が嬉しい、楽しいと思う現象について「感謝」ができる



ここまでは「初級」


4、一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「喜ぶ」ことができる


5、一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「幸せ」を感じる


6、一般的に多くの人が当たり前と思うことについて「感謝」ができる


ここまでが「中級」


7、一般的に多くの人が不幸と思うことについて「喜ぶ」ことができる


8、一般的に多くの人が不幸と思うことについて「幸せ」を感じる


9、一般的に多くの人が不幸と思うことについて「感謝」ができる


これが「上級」


そして、レベルが上がるときに、お試しの現象(事件)が起こるようになっているそうです。


それが前述した「試験」といわれるものです。


給料が増えたら、誰でも喜べますし、感謝します。


いつも当たり前にもらえることにも感謝できるようになったら「中級」です。


給料が思ったように増えるどころか減らされてしまったとしても「感謝」できる人が「上級者」であり、「人格者」といわれます。


体調がいい時に喜べるのは初級、普通の時に喜べるのは中級、悪い時にも感謝できるのが上級。


人がイライラしてしまうようなときにでも、ニコニコしていられる人に、2倍となって返ってくるということです♪


そうありたいですね(^^♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

類は友を呼ぶ

083hikiyose.jpg

何の店でも、訪れたときに、「このお店は雰囲気がいいな」「このお店のスタッフはみんな感じいいな」と思うことがあります。


逆に「このお店は感じがよくないな」「このお店は活気がなく暗いな」と思うこともあります。


お客様は店の全体的な雰囲気をすぐに感じるものです。


サロンでも同じで、お客様はすぐにその店の雰囲気を感じ取ります。


このサロンの雰囲気をつくっているのは、そこで仕事をしている人とお客様なのです。


「店で働いているスタッフを見れば、経営者がどんな人かがわかる」「経営者を見ればどんなスタッフがそろっているかわかる」といった、「類は友を呼ぶ」ということわざのように、似た者同士や気の合ったものが自然とその店に集まるものです。


やる気に満ち溢れたスタッフが元々そのサロンにいれば、新しく入ったスタッフは自然とその雰囲気に染まっていくか、馴染めず居心地が悪くなって辞めていくかになります。


お客様も同じです。


店の雰囲気がよいと思うなら長く通ってくださるでしょうし、居心地が悪いと思うなら離れていくことでしょう。


そのように類は友を呼んでいくのです。


_______


一人のお客様が100回再来店する店づくり

石川佐知子 著

同文館出版より

1人のお客様が100回再来店する店づくり (DOBOOKS) -
1人のお客様が100回再来店する店づくり (DOBOOKS) -
_______


「類は友を呼ぶ」法則で、忘れてはならないのは「引き寄せの法則」。


「引き寄せの法則」といえば、もう既に日本でも浸透している考え方です。


ただ、少し違う解釈をしている人も多い気がしますので、ちょっと紹介させていただきますね♪


「ザ・シフト」という映画の中で、ウエイン・W・ダイアーさんが、以下のことを語っています。


「“欲しいものを引き寄せる”と考える人がいるが、


私は全くそうは思わない。


“欲しいもの”ではなく、


“自分と同じもの”を引き寄せるんだ」


その通りです。


「イメージングすれば、何も行動しなくても、どんな願いも叶えてくれる!それが引き寄せの法則だ!」


ではありません(笑)


そもそも、まず見ていただきたいのが、今の自分です。


今の自分は、今までの自分が引き寄せたということに気付く必要があります。


今のお店の雰囲気も、今の自分の環境も、経済状況も、仲間も、先輩も、部下も、


居心地が悪かったら、自分が変わるかその場から去るしかありません。


ギャンブル大好き仲間と一緒にいたら、一人だけギャンブルしないでいると白い目で見られるので、その仲間との距離を置くか、自分もギャンブルをするかしかありません。


ポジティブでイケイケの経営者仲間といたら、自分だけ何もしないでいると居心地が悪いので、その仲間と距離を置くか、自分もそうなるように頑張るかのどちらかです。


そうした日頃の選択によって、今の自分がつくられてきたのです。


良くも悪くも、勝手にそうなったわけではありません。


多少居心地が悪くても、成長できると思ったらそれは辛抱が必要で、それがコンフォートゾーンの外に出るということにつながります。


いつも自分が行く居心地の良い場所(コンフォートゾーン)より一歩先にいくことにより、自分を成長させることが出来るのです。
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

人間て生ものだから


leader-koudou.jpg
ポーラレディの頂点、本庄清(さやか)さんの著書よりご紹介させていただきます。


早く決める、すぐに動く。それもすごく大切なことだと思います。


人間って生ものだから、足元からどんどん腐っていくって知ってますか?怖いで〜。


こないだも、現場のビューティーディレクターの子が、ショップオーナーになるかならないかで悩んでいたから、「早いとこ決めや〜。決めんかったら、どんどん腐っていくでー。あ、もうちょっと臭うんちゃうか〜(笑)」って、クンクン嗅ぎまわりながら、そんな話をしました。


腐ってしまうと、周りの人の邪魔者になったり、後輩をつぶしにかかったりするねんな。


私のとこでも、早いうちから腐ってしまった人、相当いました。


それにもっと怖いのは、いったん腐ると、もう腐ったままで元には戻れないということ。


人間の保存料みたいなもんはないんです。


もしも自分で動けなくなってしまっているような人が周りにいるようなら「腐る前に動かす」組織をつくっていくのも時には必要かもしれません。


なんか糠漬け(ぬかづけ)みたい(笑)。


毎日かき混ぜていれば腐らないけど、動かさないと腐ってしまう。


_______



ポーラレディ頂点のマネジメント力

本庄 清 著

講談社+α新書より

全国13万人 年商1000億円 ポーラレディ 頂点のマネジメント力 (講談社+α新書) -
全国13万人 年商1000億円 ポーラレディ 頂点のマネジメント力 (講談社+α新書) -
_______


「心が変われば態度が変わる


態度が変われば行動が変わる


行動が変われば習慣が変わる


習慣が変われば人格が変わる


人格が変われば運命が変わる


運命が変われば人生が変わる」


そして、マザー・テレサはこう言いました。


「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。


言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。


行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。


性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」


最後に、行動することの大切さを教えてくれる、「5羽のカモメ」のお話をご紹介して終わります。



5羽のカモメが防波堤にとまっている。


そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。


残っているのは何羽だい?


・・・・・4羽です。


そうじゃない。


5羽だよ。


いいかい?


誤解されがちだが、


決意そのものには何の力もないんだ。


そのカモメは飛び立つことを決意したが、


翼を広げて空を舞うまでは防波堤にとまったまま。


残りのカモメとどこも違わない。


人間だって同じだよ。


何かをしようと決意した人と


そんなこと考えてもいない人とでは


何の違いもないんだ。


ところが人は、


他人のことは行動で判断するのに、


自分のことは決意で判断することがよくある。

しかし、


行動を伴わない決意は、


期待してくれている人に対する裏切りでしかない。


___

「希望をはこぶ人」

アンディ・アンドルーズ 著

弓場隆 訳

ダイヤモンド社より


posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

褒め方マニュアル

yjimage.jpg

道徳的規範は、子どもが正しい行いをしたあとに親がどう声をかけるかによって形成される部分がある。


多くの人は子ども自身ではなく、その行ないを褒める。


「いいことをしたね。思いやりのあることをしたね」と。


行動を褒めることでその行動は強化され、子どもはますますよい行動をくり返すだろう。


しかしここで待ったをかけるのは、心理学者のジョアン・グルーセックが行った次のような実験だ。


まず、ビー玉を分け合いながら子どもたちを遊ばせた。


その後、数人を無作為に選び、その行ないを褒める。


「ビー玉をあの子にあげたでしょう。きみはいいことをしたね。とても素晴らしいことだ。人の役に立つ行ないができたね」


次に、その他の子どもたちに対しては、その子の人柄を褒めた。


「きみはいつでも、ほかの人を助けたいと思っているんだね。きみは本当に素晴らしい子で、人の役に立てる子だね」


人柄を褒められた子どもは、その後もさらに気前よく振る舞ったのだった。


二週間後、「人の役に立てる子だ」と褒められた子どものうち45パーセントが、入院している子どもを元気づけるために図工の材料を寄付したが、「役に立つ行ないができた」と褒められた子どものうちでは10パーセントに留まった。


人柄を褒められると、それを自分のアイデンティティの一部としてとり込むのである。


自分は単に道徳的な行動をとったのだととらえるのではなく、自分は本来、道徳心の高い人間なのだという、より統合的な自己概念が形成されていくのだ。


_______


ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代

アダム・グラント 著

シェリル・サンドバーグ 解説

楠木 健 監訳

三笠書房より

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本) -
ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本) -
_______


とくに効果的なのは、8歳前後の子どものようです。


10歳の子どもはすでに自己概念がかなり確立されていて、褒め言葉の一つぐらいでは影響を受けなかったのかもしれないとし、5歳の子どもは年齢が低すぎて、単独の褒め言葉では、大きな影響を受けるまでにはいたらなかったのかもしれないと。


褒めるときは、人柄を褒める。


しかし、叱るときは行ないを叱る。


また、何かを手伝ってほしいときは、「手伝って」と言われるよりも、「お手伝いができる子になって」と言われたときのほうが30%近く手伝う子になり、


悪いことをしてほしくないときは、「悪いことをしないで」と言われるよりも、「悪いことをする人にはならないで」と人格に訴える言い方のほうが、悪いことをする被験者は半分になったという実験もあります。


「飲んだら乗るな」よりも「酔っ払い運転手になるな」のほうが良いということです。


そして、褒めるや叱るより、もっと重要なのは、以下のアドラーの言葉だと思います。


「『よくできたね』と褒めるのではなく、『ありがとう、助かったよ』と感謝を伝える。


感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう」


褒めて行動を起こさせると、より大きく褒めないとやらない子になり、叱って行動を起こさせると、より強く叱らないとやらない子になる。


だから、感謝の言葉で相手の心を満たしてあげた方が、進んでやる子になるのですね♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

この人に何をしてあげられるか

ダウンロード-4.jpg

子どもが保育園で何か問題行動をしてもそのことと愛情不足とは何の関係もなく、保育園での子どもと保育士との対人関係の問題なのです。


ですから、親が子どもの保育園での行動について園から責められても親としては何ともすることができないのです。


愛情不足の子どもは 今はほとんどいないといっても間違いありません。


親についていえば、過保護、過干渉、


子どもについていえば、十分愛されているのに、もっと愛されたいと思う愛情飢餓こそが問題なのです。


無理解な保育士さんが多かったのですが、そうした逆風の中、子どもを保育園に預けて働く母親は多く、なかなか思うように登園しない子どもと格闘しているところをしばしば目にすることはありましたが、子育てと仕事の両立は大変なはずなのに、少しも悩んでいるようには見えませんでした。


悩んでいるようには見えなかったのは、子どもの送り迎えをしていた親たちは、子育てと仕事の両面で貢献感を持つことができていたからでしょう。


この貢献感が仕事の本質です。


外で働くことも、家事や子育ても、自分が誰かの役に立っていると思えることで、自分の価値を実感するためにするものです。


仕事もこのように考えると、何をするかは大きな問題ではなく、貢献感を持てる仕事であればいいことになります。


アドラーさんは言いました。


「人は居場所がないと感じると精神を病んだり、アルコールに溺れたりする。


他者に貢献することで、居場所を確保すればいい」


そして、こうも言います。


「自分や役に立っていると実感するのに相手から感謝されることや、褒められる必要はない。貢献感は自己満足でいい」


ボランティア活動も、称賛されるために始める人はほとんどいません。


見返りを求めることもありません。


喜んでもらえたらいいな〜という自己満足と、少しは貢献できたかな〜という貢献感があれば十分です。


それが仕事となると、報酬や責任を意識するあまり、貢献に目を向けられなくなりがちです。


貢献に目を向けられなくなると、称賛や報酬が気になりだし、次第に不安や不満な気持ちに覆われます。


判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べば間違いありません。


そうすると、人に貢献しているのですが、自分が満たされていくのです♪


子育ての悩みで、「友達のものを取ってしまう」というのも、アドラーさんにいわせると、「自己への執着」を「他者への関心」へ変えていけばいいといいます。


「自己への執着」は、「自己中心的」ということ。大人になっても自己中心的な人は、幼少期に「自己への執着」を「他者への関心」に置き換えることができず、そのまま大人になってしまったのだと。


自己中心的な人というのは「この人は私に何を与えてくれるのか?」という考えが基本にあります。


それを、「この人に何をしてあげられるかな?」という質問にして、子供に問いかけ続けると良いそうです。


「相手に何をしてあげられるか?」を問いかけ続けることによって「自己への執着」は「他者への関心」へと変わっていくのです。


貢献感、相手に何をしてあげられるか、「他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である」ですね♪


posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

自分なりの基準では意味がない

koujousin.gif

ユニクロやGUで有名な「株式会社ファーストリテイリング」代表取締役会長兼社長“柳井正”氏の【自分なりの基準では意味がない】というお話です。


_______


基準を高く持つ、と言った時、勘違いしてはいけないのは、「自分なりの基準」ではないということです。


「自分なりにできている」という人は多いのですが、それでは経営的には全く意味がないのです。


お客様が本当に喜んでくださる基準でできていないといけないわけです。


そして、この基準というのが、非常に厳しくなっているので、念頭に置いてほしいのは、「世界で一番」の質の高さを目指し、それを自分たちの基準にするということです。


自分たちの店は、世界で一番きれいか。


自分たちの店は、世界で一番買い物がしやすい店か。


自分たちの接客は、世界で一番気持ちのいい接客か。


自分たちの商品は、世界で一番付加価値の高い商品になっているか。


自分たちの工場は、世界で一番品質のよいものを作れる工場になっているか。


自分たちの管理システムは、世界で一番優れたシステムになっているか。


こうした基準を自分たちに課し、その基準を妥協しないで追及し続ける。


他社が追いつけないレベルまで追求する。


競争に勝つためには、この意識で、このレベルまで経営の質を高めることをしないとだめだということです。


どうでしょうか。できているでしょうか。こうした基準で自分たちのやっていることを測定すると、まだまだできていないな、と感じることが多いのではないでしょうか。


「自分は結構できている」と思っている人は、ただ単に設定している基準が低いだけかもしれないです。


高い基準を目指したうえでの失敗であれば、問題ではない


こうした高い基準を実現しようと思ったら、簡単にはいかないと思います。


たいていのことは、この基準から見た最初は「失敗」に終わると思います。


私は、それでもいいと思います。


IBMの初代社長であるT・J・ワトソンさんは社員にいつもこう言っていたそうです。


「完璧を目指さずに成功するよりも、完璧を目指して失敗するほうがよい」


_______


経営者になるためのノート

柳井 正 著

PHPより

経営者になるためのノート ([テキスト]) -
経営者になるためのノート ([テキスト]) -
_______


隣の店舗に勝っていればいいのか?


それとも世界一の基準で挑戦していくのか?


考え方も、挑戦の仕方も、読む本も、会う人も、行動も、その意識が変わった瞬間から、すべてが変わっていくでしょう。


ある程度のお金持ちになったり、スポーツ選手でもある程度有名になってくると、そこにある不自由ない暮らしから「向上心」を見出すのが難しくなってきます。


そこで必要なのが「何のためにそれをするのか」という目的です。


自分のためだけだったら、そこそこの生活ができていればいいので、楽を選んでしまいます。


しかし、社員の幸せや、お客様の喜びや、社会への貢献、家族、そういったものに目を向けたとき、再び火が灯るのです。


目標は、たどり着きたい場所。


目的は、そこに行く理由。


世界一の基準を意識して、果敢に挑戦していきたいですね♪


posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

目標の立て方を間違えてませんか?

綱引き-thumb-200xauto-128676.jpg


具体的な目標は、やる気を高める原動力になり、人生を成功に導くカギとなります。


それだけではなく、時として目標や目的意識の有無が人間の生命力まで支配する事実を認識してほしいと思います。


それほど私たちにとって目標は大切なのです。


そして、集中力を高めるためにも目標設定が必要になるのです。


ただし、次の点に注意しなければなりません。


「あいまいな目標では集中力は高まらない」
「数値化された目標が不可欠である」という点!!



たとえば綱引きをするとき、コーチが選手に「全力で綱を引っ張れ!」と掛け声をかけても選手は最大限の力を発揮出来ません。


ところが、「もう10秒間だけ全力で綱を引っ張れ!」というように、メッセージに具体的な時間を入れると驚くべき力を発揮してくれるのです。



「がんばれ」と言って結果が出るなら、指導者には誰でもなれます ^^) _旦~~



何をどう頑張ればいいのか?


目標設定の大切さを教えることから始まり、具体的な目標設定の仕方、目標の期限やそれによって得られる「モノ」や「感情」をイメージすることによって、集中力が発揮されていきます。


これは人材育成と共通していて、人材がどのような状態になったら「優秀な人材か?」の基準がないのに「優秀な人材がいない」と嘆くのに似ています。


何をもって「良い人材」なのかが分かれば、自ずとその方向に向かっていきますし、目指しているものが会社やチームと違うのであれば、辞めていくでしょう。


だからこそ、企業理念や目標設定、そして「人が育った状態」を示すことが重要ですね♪


具体的に分かり易く!


「伝える」と「伝わる」の違いです(^^♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

4つの資質

93aaf466.jpg

スターバックスが従業員を雇うときに見る「4つの資質」とは一体何でしょう?


1、誠実さ

誠実な人は接しやすく、誰からも好かれるので、周囲との信頼関係が生まれる。


チームの中で大きく貢献するようになり、心のこもったサービスをお客様に提供してくれると捉えている。


2、真面目さ

真面目な人は思いやりがあり、彼らにとってはすべてが大切なので、些細なことにも注意を払う。


よって、「すべてが大事」なスターバックスでは、雇う際に一番重要視する資質である。


3、知識欲

スターバックスで働く場合、お客様に自信をもってコーヒーについて語れるほどの知識を身につけてもらうことになる。


この資質を見極めるポイントは、質問を投げかけてくるかどうかである。


質問をするということは、スターバックスでは短所ではない。長所である。


探求心のある人には豊富な知識が身につく。


知識豊富になると、周囲に簡単に教えられるようになる。


4、積極性

会社や地域にかかわろうとする人は、スターバックスでは重視される。


何かに参加したり周囲と交流を図るために時間をさくということは、面倒見のいい気質のあらわれである。


スターバックスは人との感情のつながりを築いていこうとする会社なので、面倒見のいい人を求めている。


_______


なぜスターバックスは値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

ジョン・ムーア 著

花塚恵 訳

ディスカヴァーより


_______


出光興産創業者“出光佐三”氏は終戦直後、事業基盤を全て失ったときにこう言いました。



「事業は飛び、借金は残ったが、会社を支えるのは人だ。


これが唯一の資本であり、今後の事業をつくる。


人を大切にせずしてなにをしようというのか」


採用の失敗は取り返しがつきません。


しかし、採用したからには、一生面倒を見る覚悟、一生支える覚悟、一生尊敬し敬意を払う覚悟が必要です。


逆に言うと、そういう気持ちが芽生えるような“企業に合った欲しい人材”を採用するためにも、スターバックスのような「基準」が大切なのでしょう。


どれだけAIが進んでも、「人」にしかできないことは必ずあります。


「思いやり」とか「愛」とか「情熱」とか、


そしてそれは、おもてなしの接客や、人の力を引き出すマネージメントや、話題となる口コミには欠かせない“人の力”です。


一人ひとり、自分が自分のことを大切にしているように、自分が自分の子供を大切にしているように、


相手もそういう一人の人なんです。


だから、人を大切にする人が、人から大切にされるのでしょう♪

posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

組織力やチーム力を押し上げていく人

kotukotu-audjpy_03-s.jpg

人を雇うときや、チームメンバー、組織メンバーを選ぶ時の参考になるお話です♪



企業でも抜群の成績を残す一人の営業マンが、その実績を振りかざし「俺はトップの成績を残している。だからなにも言われる筋合いはない」と、組織にまったく融合しなかったらどうなるでしょうか。


最終的に組織がぐちゃぐちゃになるのは目に見えています。


そういう自分のことしか考えられない人のことを「心根の悪いヤツ」と表現します。


それよりも、ほかの人と協調しながら行動できる「心根のいいヤツ」をとるほうが、短期的な伸びは小さくても、長い目で見ると組織全体の力を伸ばすことにつながるのです。


また、仮にエースが抜けたとしても、「心根のいいヤツ」が揃う組織は、考え方次第で強化できるのです。


成績がいいだけで心根が悪い営業マンがいなくても、残りの心根がいい営業マンが少しずつ成績を上げれば、その分をカバーできるからです。


駅伝でも心根の悪いスーパーエースがいなくても、心根が良く真面目に練習に取り組む選手が少しずつタイムを縮めれば、合計タイムを短縮できます。


例えばエースが抜けて10秒遅くなったとしても、10区あるなら、それぞれの区で1秒ずつタイムを縮めていけば、10秒のロスはカバーできます。


それは決して不可能な数字ではありません。



組織力やチーム力を押し上げていくのは、「コツコツと努力できる心根の良い人間」だと強く信じています。



_______


「フツ—の会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」

原 晋 著

アスコムより


_______



青学陸上部のスカウト基準は、「表現力豊かで、勉強もしっかり取り組める心根のいい選手」なんだそうです。


そうなったのには理由があり、以前、人間性を度外視してタイムが良いだけの選手をスカウトしたときのことです。


その選手が寮に入るや否や、チーム内で抜群のタイムを出す反面、乱れた生活でチーム内をかき回されたと・・・。


しかし、実力が抜きんでているだけに、ほかの部員は遠巻きに彼を傍観するだけ、その結果前年よりも成績は落ち込み、しばらくしてその部員も辞めていったそうです。


人間性を重視することの大切さは、京セラやKDDIの創業者“稲森和夫”さんも語っています。


「今の日本企業は才覚のある人をリーダーとして重用します。


私はリーダーを選ぶとき、能力ではなく人間性や人格で選びます。


能力に多少の問題があっても人格のある人は努力をして成長する。


そういう人をリーダーに選んでこなかったことが、問題を引き起こしているのではないか。


昔、京セラがまだ町工場だった頃、滋賀の工場で細かい仕事を黙々とする男がいました。


工場へ行くたびに、なぜか彼の手元に目がいってしまうのです。


中学しか出ておらず、才能などない、真面目が取り柄の男でしたが、周囲に押される形で頭角を現し、課長、部長になっていきました。


経営者は「儲けたい」「会社を大きくしたい」という我欲を起点にしがちです。


しかし、本来は「人間として何が正しいか」を起点に置くべきです。


自分の会社に都合がいいことばかりを選ぶのではなく、たとえ会社に不利であっても人間として正しい道を選ぶ」


【コツコツと努力できる心根の良い人間】を評価していきたいですね♪

posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

日本で一番になってみる

dlc02_pop13.jpg

帝国ホテルの重役・村上信夫さんは、厨房(料理人)から重役になった方(帝国ホテル初のケース)ですが、一六歳で就職したとき、「鍋磨き」から始まったそうです。


すべての新人が、二〜三年は洗い場だけ、という厳しい世界でした。


村上さんはそのとき、「日本一の鍋磨きになろう」と決意したのだといいます。


当時、調理用の鍋は全て銅製で、村上さんが磨いた鍋は鏡のように光り、人を写すほどでした。


村上さんの鍋は本当にピカピカだったのだそうです。


先輩の料理人は自分の味を盗まれないために、鍋には洗剤や石鹸をドンと入れて洗い場に送ってきたのだそうですが、それが、三カ月ほど経ったときに、「今日の鍋洗いは誰だ」「ムラです」「そうか」と、村上さんのときだけ洗剤を入れずに鍋が返ってくるようになったとのこと。


ほかの人のときは相変わらず洗剤が入っていたらしいのですが、村上さんだけは鍋についたソースをなめることを許され、先輩の味つけをひそかに学んでいった、というのです。


日本一の料理に重役の出発点は、ピカピカの鍋磨きから、でした。


_______


こころの遊歩道

小林正観 著

イースト・ブレスより


こころの遊歩道 「1日5分」で幸せを感じる方法論 -
こころの遊歩道 「1日5分」で幸せを感じる方法論 -
_______


戦国時代、天下をとった秀吉さんも、庶民から成り上がり、関白にまでなりましたが、最初は下足番からでした。


そのときあたえられた役割を、相手の想像を遥かに超えて行ったのです。


今いる環境に不満がある人や、上司に認めてもらえないと感じている人は、ためしに1ヶ月でも何かを「日本一」のレベルでやってみたらいいと思います。


トイレ掃除でも、挨拶でも、頭を下げる角度でも、なんでも日本一のレベルでやったら放っておけなくなるでしょう♪


人生は「今・いま・イマ・居間(笑)」の連続です。


今、目の前のことに全力で取り組む人は、将来もそのように取り組むでしょう♪


今、楽を選ぶ人は、将来もそうなのです。


8時30分出勤の会社でよく遅刻する人が、9時出勤にしてくれたら遅刻をしないと言い出して、ついに出勤時間を9時にしたのですが、しばらくすると結局その人は遅刻を頻繁にしたそうです。


環境や周りを変える努力をしても、自分自身が変わっていなければ、それは水の泡になってしまいます。


今、自分から、ですね♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

「宿命」は変えられるのか?

ec533f758c16348ac4e6d5728210c8331-e1345108914156.jpg

もしあなたが「自分はこんなふうに生まれついたのだ。だから、こんな自分を変えることなんてできはしない。あれこれ言ってみてもしょうがないのだ」と考えているならば、努力など一切することはない。


すべてのことを成り行きにまかせて、本能のままに生きていけばよいのである。


そもそもあなたに変える能力がないならば、何とか自分をコントロールしようと努力したところで、所詮無駄なことではないか。


自分には変えることができないのだと言うのならば、それはとりもなおさず、自分は宿命論者だと言っているのと同じことになる。


そして自分を宿命論者だと言うことは、自分にはあらゆる道徳上の責任がないというのに等しい———と同時に、他人も一切の道徳上の責任など負っていないということになる。


では、このあなたの信念に従って行動したらどういうことになるだろうか。


あなたが自分を変えることができないならば、私だってできないわけだ。


そうすると、もし私があなたを殴って気絶させ、財布を盗んだとしても、あなたは私を非難できないことになる。


意識を回復したとき、あなたはやさしく私の手を握り、私に向かってこうささやくしかないのである。


「わびる必要はありませんよ。何しろ、われわれは自分の性根を変えることなんてできないんですからねえ」


愚かなことを言うなと、あなたはおっしゃるだろう。


その通り、これは愚かなことである。


そして、これこそが私が指摘したいことの一つなのだ。


つまり、ほんとうはあなたは自分を変えることができないなどとは信じていないのである。


_______


頭の鍛え方

アーノルド・ベネット 著

渡部昇一 訳・解説

三笠書房より


人生をもっと賢く生きる 頭の鍛え方(単行本) -
人生をもっと賢く生きる 頭の鍛え方(単行本) -
_______


自分ができなかった理由を、「天気が悪かった」「景気が悪かった」「そういう宿命なんだ」と言ってしまったら、ものごとを簡単にあきらめる癖がついてしまいます。


今いる自分も、これからの自分も、自分の生き方次第でどうにでも変えることができるはずです。


しかし、何かに理由をつけてしまえば、できなかった自分を正当化できます。


あの人は天才だからと一言で片付けたら、自分は天才じゃないから出来ないと言っているようなもので、本来は「努力していない自分」を認めたくないだけなのかもしれません。


正しくは、「あの人は努力家だ」です。


そして、「自分の努力はまだまだ足りない」ですね♪


「幸運をつかむような行動をしているかが重要であり、偶然や宿命などはあまり重要な要因ではない」


by  R・ワイズマン(イギリスの心理学者)
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

与えすぎない事

lion2.jpg

あまり人に与えすぎないこと。

相手はお礼のしようもなくなってしまう。

こちらにちょっと感謝してくれる友人を持つのはいいが、それが重いツケになってしまうと、友人は逃げるか、敵に回ってしまうかもしれない。

借りがある人は、いつも目の前に貸し主がいることに耐えられないはずだ。

元手がそれほどかからなくて、相手の欲しがるものを与えよう。

受けとった人に大切にされるものであることが重要である。


__________

バルタザール・グラシアンの「賢人の知恵」

バルタザール・グラシアン 著

齋藤慎子 訳

ディスカヴァーより

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵 -
バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵 -
__________


まさに【野鴨の哲学】というお話とリンクします。

 ↓ ↓ ↓

デンマーク郊外のジーランドという湖に一人の善良な老人が住んでいました。

老人は毎年遠くから飛んでくる野鴨(のがも)たちにおいしい餌を与えて餌付けをしました。

するとだんだん鴨たちは考え始めるのです。

こんなに景色がいい湖で、こんなにおいしい餌がたくさんあるのに、何も苦労してまで次の湖に飛び立つことはないじゃないか。

いっそのこと、この湖に住みついてしまえば毎日が楽しく、健康に恵まれているじゃないか、と。

それで鴨たちはジーランドの湖に住みつくようになって、飛ぶことを忘れてしまうわけです。

しばらくはそれでもよかったんです。

確かに毎日が楽しくておいしい餌にも恵まれていましたからね。

ところがある日、出来事が起きます。

毎日餌を用意してくれていた老人が老衰で死んでしまったのです。

明日からは食べるものがない。

そこで野鴨たちは餌を求めて次の湖に飛び立とうとします。

しかし、数千キロも飛べるはずの羽ばたきの力がまったくなくなってしまって、飛ぶどころか駆けることもできない。

やがて近くにあった高い山から雪解けの激流が湖に流れ込んできました。

他の鳥たちは丘の上に駆けあがったり飛び立ったりして激流を避けましたが、醜く太ってしまった野鴨たちはなすすべもなく激流に押し流されてしまうのです。

___

与えるものと、与えるタイミングと、与える量、そのバランスが大切だと思います。

子供がお菓子を欲しがるからといって、お菓子を与え続けたらどうなるか?

子供がお金を欲しがるからといって、理由もなくお金を与えすぎたらどうなるか?

与えることも「愛」ですが、与えないことも「愛」につながることがあります。

そう考えると、与えてもらえなかったあの日の悲しみもまた、愛だったと気付けます♪

どちらにせよ、愛に溢れているととらえたほうが幸せですね(*^^*)
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私という登場人物を描く作家

ikkansei.jpg


“スティーブ・コーエン”というアメリカの有名なマジシャンの著書よりご紹介させていただきます。


観客の前でパフォーマンスをするとき、私は「私という登場人物」を描く作家になります。

観客のために、「私」の魅力や可能性を引き出せることはなんでもします。

あなたも、あなたという登場人物を描く作家になってください。

もしあなたが小説や映画に登場するとしたら、どんな人間として描かれるでしょう。

伸び伸びとしたおおらかな人物?

それとも慎重で細かいことにこだわる人物?

襟は開けてる?留めている?

ネクタイはしている?していない?

シャツの裾はズボンに入れている?出したまま?

あなたの服装は自分が与えたいイメージに合っていますか?

どんな選択をするにせよ、大事なことは一貫性を守ることです。

自分が演じたい人物にふさわしい服装をするように、常に心がけてください。

私は正装の燕尾服(えんびふく)を着てショーに出ます。

高級時計に、光沢のある絹のネクタイ、そして金鎖のついた眼鏡を身につけます。

ステージのイメージを損なわないように、仕事以外でも質の良い服を着るようにしています。

自分がひとりの登場人物を演じていることを忘れないでください。

どんな人間かをはっきりと定め、それを演じきるのです。

自分を輝かせてください。

_______

マジシャンだけが知っている 最強の心理戦略

スティーブ・コーエン 著

宮原育子 訳

ディスカヴァーより


_______


モデリングとも言いますが、尊敬する人やなりたい人物像をイメージして、その人の服装から話し方、姿勢、振る舞い、

もっというと、こんなときあの人だったらどんな風に考え、どういう決断をするかな?と、生き方の指針にもなります。

それは、歴史上の人物でも現代の人でも、或いは日本人でも何人でも良いのです。

この段階は、「守破離」で言う所の“守”の部分で、学びの中の真似る段階です。

字を習うときも、最初はお手本をなぞって書きます。

次に、お手本の隣に書きます。

そして、お手本を見なくても書けるようになり、そのもっともっと先に、オリジナルの字というものが書けるようになります。

しかし、お手本通りに書けない人がオリジナルで書くと「笑われます」。

確かに斬新かもしれませんが、その斬新さに裏付けされた「基本」「型」「ベーシック」が大切だったのです。

野球選手でも、経営者でも、技術者でも、オリジナリティが大切な芸能人でさえも、まずは基本の振る舞いや言動ができた上で積み重ねていくと、一発屋で終わらなくなりますね♪

長く愛されるお店や人には必ず「基本の徹底」があったということです。

その基本は「モデリングの徹底」が役立ちますね(^_^)b
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

こんな時どうしますか?

d694aeff.jpg

江戸時代の経済学者“石田梅岩(いしだばいがん)”さんが認めた“青砥藤綱(あおとふじつな)”さんのエピソードをご紹介致します。

_______


ある日、鎌倉にある滑川(なめりかわ)の川辺を、部下を伴って歩いていたとき、彼は誤って10文銭を川に落としてしまいます。

急いで部下たちに川の中をさがさせましたが、なかなか発見することができません。

そうこうするうちに、日が暮れ、辺りが暗くなってきました。

さすがの青砥もこれであきらめるかと思いきや、50文を部下に渡し、町でたいまつを買ってくるように命じたのです。

たいまつを灯して、捜索活動を続けようと考えていたわけです。

それからしばらく経って、たいまつの明かりのおかげで、10文銭は発見されました。

それは確かによいことかも知れませんが、10文を探すために50文を費やしたことについては、どう考えれば正解なのでしょうか。

40文の損失だから、青砥の行為は愚かしいものだと判断すべきなのでしょうか。

捜索活動が終わった後、青砥は部下に次のように話したといいます。

すなわち、「もし自分が川底に沈んだ10文銭をあきらめていたら、天下から永遠に10文が失われてしまったことだろう。

もしそうなったら、自分は天下に申し分が立たない。

それに対して、費やした50文は、町の人々のものになっただけで、失われてはいない。

だから、自分の行為は一切間違っていないのだ」、と。

梅岩は、この青砥の行為を、高く評価しています。

その理由は、彼が「自己の利益」にとらわれず、世の中全体のことを考えて行動したからにほかなりません。

_______

なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

森田健司 著

ディスカヴァーより


_______


梅岩さんはこの事を「天命に合致して福を得る」と言いました。

商売は、自己の利益を得るために行うものなのか?

それとも、世のため人のために行うものなのか?

アルフレッド・アドラーは、以下の言葉をのこしています。

「判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばいい。

自分よりも仲間たち、仲間たちより社会全体。

この判断基準で大きく間違うことはまずないだろう」


「どうしたらみんなを喜ばすことが出来るかを毎日考えるようにしなさい。

そうすれば憂鬱な気持など吹き飛んでしまいます。

反対に自分のことばかり考えていたら、どんどん不幸になってしまいます」

自分を喜ばせようとすればするほど、自分は喜べません。

それどころか不満が増える一方でしょう。

人を喜ばせようとすればするほど、自分は喜べます。

それどころか、幸福感が増える一方でしょう。

放っておいてもいつか人は死にます。

あの世には、お金も株券も持っていけません。

残るのは、自分が与えたものと、その意志。

だからこそ、天と公を意識していきたいですね♪
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

笑顔など作れない時でも作る方法

ohanashi_kyousitsu-egao.jpg

88歳の現役モデル、「ダフネ・セルフ」さんの著者よりご紹介致します。

_______

私が好きな言葉の一つに、「Keep Smiling(いつも笑顔で)」があります。

ともすれば、私たちは笑顔を忘れがちですが、誰かににっこりほほ笑みかけるのは、やっぱりとてもいいものです。

いつも笑顔でいるには、いいことをたくさん考えることです。

いいことというのはつまり、明るくポジティブなこと。

どんな状況に置かれても、悪い面ではなく良い面を探し出そうとできれば、自然と気持ちまで明るくなります。

たとえ病に臥していて、そんなふうに考えるのが難しくても、そう考える権利だけは、自分が認めない限り誰にも奪うことはできません。


いつも楽しそうにしている人が一番美しいと、私は心から思います。

どんなにきれいでも、ぶすっとしていたらちっとも美しく見えません。

どんな人でも、にっこり笑えばたちまち輝いて見えます。

笑顔は、私たちの魅力を最大限に引き出してくれる魔法なのです。

だから、ほらあなたも笑ってみて。

高いお金を払って顔のリフトアップをするより、よっぽど効果的ですよ。

_______

人はいくつになっても、美しい

ダフネ・セルフ 著

幻冬舎より


人はいくつになっても、美しい -
人はいくつになっても、美しい -
_______

【苦しい時こそ笑顔でいこう】という詩をご紹介致します。


苦しければ 苦しいだけ

辛ければ 辛いだけ

笑顔を ふやそう

笑顔などつくれるわけがない時に

笑顔をつくることに

人間の価値がある

希望 理想 夢をしっかりもって

楽観的になること

塞ぎ込んでいても

情況は少しも変わりはしない

無理をしてでも 偽ってでも

良い方向へと 望みをつないでいこう

苦しいからこそ 笑顔でいこう

辛いからこそ 笑顔でいこう

悲しいからこそ 笑顔でいこう

ありがとう と 笑顔でいこう

___


「商売繁盛ありがとう」清水英雄 著(総合法令より)


楽しいとき、嬉しいときは、誰でも笑顔でいられます。

笑顔などつくれるわけがない時に笑顔をつくれる人もいます。

悔しくて涙が止まらないとき、

悲しくて一晩中泣いたとき、

苦しくて必死で頑張っているとき、

信じていた人に裏切られたとき、

大切な人がいなくなったとき、

それでも人には笑顔で接する人がいます。

そういう人のことを人は「美しい」というのです。



posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランドオブハンモックユーチューバーVIP