2016年10月21日

類は友を呼ぶ

083hikiyose.jpg

何の店でも、訪れたときに、「このお店は雰囲気がいいな」「このお店のスタッフはみんな感じいいな」と思うことがあります。


逆に「このお店は感じがよくないな」「このお店は活気がなく暗いな」と思うこともあります。


お客様は店の全体的な雰囲気をすぐに感じるものです。


サロンでも同じで、お客様はすぐにその店の雰囲気を感じ取ります。


このサロンの雰囲気をつくっているのは、そこで仕事をしている人とお客様なのです。


「店で働いているスタッフを見れば、経営者がどんな人かがわかる」「経営者を見ればどんなスタッフがそろっているかわかる」といった、「類は友を呼ぶ」ということわざのように、似た者同士や気の合ったものが自然とその店に集まるものです。


やる気に満ち溢れたスタッフが元々そのサロンにいれば、新しく入ったスタッフは自然とその雰囲気に染まっていくか、馴染めず居心地が悪くなって辞めていくかになります。


お客様も同じです。


店の雰囲気がよいと思うなら長く通ってくださるでしょうし、居心地が悪いと思うなら離れていくことでしょう。


そのように類は友を呼んでいくのです。


_______


一人のお客様が100回再来店する店づくり

石川佐知子 著

同文館出版より

1人のお客様が100回再来店する店づくり (DOBOOKS) -
1人のお客様が100回再来店する店づくり (DOBOOKS) -
_______


「類は友を呼ぶ」法則で、忘れてはならないのは「引き寄せの法則」。


「引き寄せの法則」といえば、もう既に日本でも浸透している考え方です。


ただ、少し違う解釈をしている人も多い気がしますので、ちょっと紹介させていただきますね♪


「ザ・シフト」という映画の中で、ウエイン・W・ダイアーさんが、以下のことを語っています。


「“欲しいものを引き寄せる”と考える人がいるが、


私は全くそうは思わない。


“欲しいもの”ではなく、


“自分と同じもの”を引き寄せるんだ」


その通りです。


「イメージングすれば、何も行動しなくても、どんな願いも叶えてくれる!それが引き寄せの法則だ!」


ではありません(笑)


そもそも、まず見ていただきたいのが、今の自分です。


今の自分は、今までの自分が引き寄せたということに気付く必要があります。


今のお店の雰囲気も、今の自分の環境も、経済状況も、仲間も、先輩も、部下も、


居心地が悪かったら、自分が変わるかその場から去るしかありません。


ギャンブル大好き仲間と一緒にいたら、一人だけギャンブルしないでいると白い目で見られるので、その仲間との距離を置くか、自分もギャンブルをするかしかありません。


ポジティブでイケイケの経営者仲間といたら、自分だけ何もしないでいると居心地が悪いので、その仲間と距離を置くか、自分もそうなるように頑張るかのどちらかです。


そうした日頃の選択によって、今の自分がつくられてきたのです。


良くも悪くも、勝手にそうなったわけではありません。


多少居心地が悪くても、成長できると思ったらそれは辛抱が必要で、それがコンフォートゾーンの外に出るということにつながります。


いつも自分が行く居心地の良い場所(コンフォートゾーン)より一歩先にいくことにより、自分を成長させることが出来るのです。
posted by まさる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランドオブハンモックユーチューバーVIP